So-net無料ブログ作成
検索選択

<口蹄疫>対策本部長は引き続き山田氏(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、赤松広隆前農相は4日午後の退任会見で、政府の現地対策本部長について、引き続いて山田正彦前副農相が、後任の決定まで務めると明らかにした。

 また赤松氏は県央部での発生について「抑え切れていない。現地の皆さんに深くおわびしたい」と改めて謝罪した。

 さらに「(宮崎県との)連携が悪かったのか、私が足りなかったのか、きちんと検証する必要がある」と述べたうえで「私の責任は免れ得ない。結果的にこれだけ大きくなった。けじめとして私がやらない方が、新しいリーダーの下でやったほうがいい」と、自らは再任を望まない考えを示した。【佐藤浩】

【関連ニュース
口蹄疫:対策特措法 4日施行
口蹄疫:「なぜ今ごろ?」首相現地入りに批判
口蹄疫:鳩山首相が宮崎入り…農家らと懇談
口蹄疫:宮崎県えびの市で豚の出荷始める 制限解除され
口蹄疫:沖縄・石垣の牛は陰性 検査で判明

日テレ社員装い約5万円詐取 容疑の無職男を逮捕(産経新聞)
<参院選>7月25日が有力に 国会会期延長で(毎日新聞)
辺野古移設が不信買う=首相辞任で沖縄知事(時事通信)
嵐の二宮さん、自転車と衝突事故=交差点で、女性軽傷―警視庁(時事通信)
民主党新執行部 樽床伸二国対委員長 若手の信望厚く(産経新聞)

「首相ではもう不可能」 普天間問題、谷垣氏言及(産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は28日夜、党本部で記者会見し、鳩山由紀夫首相が米軍普天間飛行場の移設先を、自民党政権時代にとりまとめた現行案とほぼ同じ沖縄県名護市辺野古周辺としたことについて「まずこれ以外はあるまいと考えていたのは事実だが、沖縄との信頼関係を決定的に崩した」と述べ、内容には一定の評価をしながらも、結論に至るまでの政権の迷走ぶりを批判した。

 今後の対応については「協力できるものもあるかもしれないが、鳩山首相の手でやるのはもはや不可能だ。首相が退陣するか国民に信を問うかが前提だ」と述べ、協力の前提として首相の退陣か衆院を解散し総選挙を行うことを求めた。

 

<消費者委>リコール制度を調査 資料要求権行使へ(毎日新聞)
<外交文書>作成後30年で原則自動開示 外務省が新規則(毎日新聞)
首相の会見は再延期、午後9時の見通し(読売新聞)
<揮毫>箱根・小涌園を訪ねた中国要人の作品展 北京で開幕(毎日新聞)
皮膚などから肝臓の幹細胞=体外で大量培養可能に―世界初・国立がんセンター(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。